船橋市立医療センターの経営計画の本文へジャンプ

船橋市立医療センターの経営計画

船橋市立医療センター中期経営計画


「船橋市立医療センター中期経営計画(27年度~29年度)」を引き継ぐものとして「船橋市立医療センター中期経営計画(30年度~32年度)」を作成しました。計画の実施状況の点検、評価については、引き続き、船橋市立医療センター運営委員会にて行います。

● 船橋市立医療センター中期経営計画(平成30~32年度)


● 船橋市立医療センター改革プラン平成29~32年度

総務省から示された新公立病院改革ガイドラインに基づき、平成29年3月31日に策定しました。

これまでの経営計画

船橋市では、総務省から示された公立病院改革ガイドラインに基づき、平成21年度に公立病院として果たすべき役割、経営の健全化などについて市としての方向性を示した「船橋市立医療センター改革プラン」を作成しました。その後、改革プランを引き継ぐものとして「船橋市立医療センター中期経営計画(平成24~26年度)」「船橋市立医療センター中期経営計画(平成27~29年度)」を作成しました。いずれも、概ね年2回開催する船橋市立医療センター運営委員会にて、プランの実施状況を点検、評価を行いました。評価内容につきましては船橋市立医療センター運営委員会のページをご参照ください。

● 船橋市立医療センター中期経営計画(平成27~29年度)

● 船橋市立医療センター中期経営計画(平成24~26年度)

● 船橋市立医療センター改革プラン