麻酔科外来についての本文へジャンプ

麻酔科外来について

麻酔科外来について

外来は、月曜~金曜日の午前中です。朝9時から行っています。担当医師は交代制で完全予約制です。

手術の予定が決まった患者さんは、主治医が予約を取りますので、その後麻酔科の外来に来ていただきます。外来受診時、内服薬を確認する必要がありますので、お薬手帳など処方内容が確認できるものを持参して下さい。

日本麻酔科学会発行の冊子『麻酔のしおり』を用いて、手術や合併症に対応した、適切な麻酔の方法について説明を行います。

入院日までに『麻酔のしおり』をよくお読み頂き、麻酔に関して承諾ができましたら、『麻酔承諾書』にサインをして入院時に病棟看護師にお渡しください。

予約外の患者さんはお待ちいただくことがあります。

現在のところペインクリニック外来は開設しておりません。 

緊急麻酔に関しては、その場で『麻酔承諾書』を頂く場合がありますので、ご了承をお願いいたします。

 

日本麻酔科学会発行の冊子『麻酔のしおり』はこちら

http://anesth.or.jp/public/anesthesia/ 

 

当院は、地域の拠点病院であるため、臨床研修医、看護師、救急救命士などの教育施設となっております。全身麻酔を受けられる患者さんに、救急救命士の病院実務研修へのご協力をお願いすることがあります。 

 

手術前の禁煙

喫煙と手術後の合併症には深いかかわりがあります。

喫煙により、術後心筋梗塞などの心臓合併症、肺炎などの呼吸器合併症などが起こりやすくなります。また、喫煙は手術の傷の治りが悪くなることや創感染(傷がうんでしまうこと)、手術の痛みがひどくなることにも関連しています。

より安全に手術を受けていただくために、手術を受けることが決まった段階でできるだけ長い間、最低でも2週間禁煙をしていただくようお願いします。

禁煙できなかった場合、安全のために手術を中止、延期させて頂く場合があります。