心臓血管センターについての本文へジャンプ

心臓血管センターについて

概要

2009年より、医療センター内に心血管センターが開設されました。これまで、平成6年4月に循環器科が内科より独立し、また心臓血管外科が新設され、以後、小児科を含め協力しあって心臓血管の病気に対して治療をおこなってまいりました。

今後、更なる高度で有意義な医療を提供するために、内科、外科の枠を取り払い、循環器疾患に取り組む体制を作りました。外来心臓カテーテル検査の導入や頚動脈の血管内治療の開始を皮切りに、大動脈瘤の血管内治療も平成22年4月より開始しています。

一方、治療の効果を短期間で最大限にできるように平成21年4月より心臓リハビリテーションを開設しました。

また、地域との連携を図り、積極的な救急の受け入れや、かかりつけ医とともに治療にあたる体制を作り上げていきたいと思っております。

心臓血管センター