循環器内科についての本文へジャンプ

循環器内科について

概要

循環器部門は昭和58年開院の際は、内科の1部門として開設され、その時代の最新の設備を導入し、医療、医学の各分野で成果を挙げるべく努力を重ねてきました。その成果が認められ、平成6年に、内科・外科の隔てなく患者に最もよい治療を効率よく完遂することを目標に、循環器内科と心臓血管外科が新設され、循環器診療部門として独立しました。

個々の症例において循環器科と心臓血管外科でよく議論した上で、最善と考えられる治療をそのほかの治療も含めて御本人と御家族に御説明し(インフォームドコンセント)これらの治療を行ってます。集中的で高水準の循環器治療環境を実現し高い評価を得ております。

現在の循環器科のスタッフは稲垣センター長、福澤部長以下、計10名で、さらに数名の研修医がローテーション配属されております。 病床数は循環器内科、心臓血管外科あわせてICU / CCU計8床と一般床46床、さらに救命救急センター内に10床以上を有し、24時間の循環器当直体制を敷いて、急性心筋梗塞、急性大動脈解離や不整脈などに常時対応できるようにしています。

近年の冠動脈インターベンション(PCI)は500例以上、総カテーテル件数は1500例以上と高い水準を示しています。PCI後の再狭窄率はDESの導入以降激減しています。高度石灰化病変に対するロータブレータでの治療や、慢性閉塞病変(CTO) に対するPCIも行っております。末梢動脈に対するインターベンション(EVT)も増加しており、近年には150件前後施行しています。重症下肢虚血(CLI)については形成外科、整形外科、皮膚科、フットケアナースとフットケアチームを形成して治療にあたっています。維持透析を行っている患者様がPCIやEVTが必要な場合には、周術期は病棟でも透析が受けられるようにしております。

当科では不整脈に対する侵襲的治療も積極的に取り組んでいます。平成18年からはCARTOシステムを設置して、心房細動を含むアブレーションの症例数も飛躍的に増加しています。クライオバルーン(冷凍バルーン)でのアブレーションも行い、短時間で治療が終了するよう工夫しています。

心臓ペースメーカーでは、His束ペーシングを積極的に行っていおり、現在新規ペースメーカー移植ではほとんどがHis束ペーシングを行います。またICDの植え込みも平成8年に施設認定されて以来、積極的に導入されており、心室再同期療法(CRT)とともにますます増加しております。さらに最近では、CRT non-responderに対するHis-optimized CRT (HOT-CRT)にも取り組んでおり効果を上げています。

当院は三次救急救命センターであり救急部とともに心疾患による心停止やショックに対しても積極的に治療を行っています。2019年からは、まだ国内では少ないインペラ(Impella)補助循環ポンプカテーテル使用可能施設となり、すでに使用が始まっています。

当循環器内科では治療のみならず、非侵襲的診断法にも力を入れております。心臓核医学検査は冠動脈造影にいたるまでの重要なスクリーニング検査であり、また、リスク層別のための大事なモダリティとして、非常に有用なことはいうまでもありません。320列CTも導入され、より低侵襲での冠動脈病変の検出など心臓血管領域で活用されています。

また、冠動脈疾患をはじめ動脈硬化性疾患は、慢性かつ進行性の疾患であるため、症状が顕在化したときだけカテーテル治療を反復するのでは不十分です。二次予防としての内科的治療を強力に行い、統合的治療を推し進めていくことが重要と考えております。地域の先生方にもご協力をいただき患者様の治療を行ってまいります。

冠動脈インターベンションなど最先端医療の領域では、ともすれば新しい技術や新しい器具の導入などに盲目的に追従する傾向が見受けられます。しかし、地域医療、高齢者医療、高額医療の流れのなかで、医療に対する社会の目はこれからもますます厳しくなることが予想されます。heroismにながされることなく、patient-firstの姿勢に徹するとともに、社会的経済面も留意しつつ、つねに何が出来るか(What can I ?)ではなく、何が必要か(What should I?)を考える医療をこれからも実践していきたいと考えております。

IMG_8256.JPG