臨床研修理念・基本方針の本文へジャンプ

臨床研修理念・基本方針

臨床研修理念

全人的で科学的根拠に基づいた医療を実践し、全ての研修医が医学及び医療の果たすべき社会的役割を認識しつつ、プライマリ・ケアを中心に医師として必要な基本的診療能力を身につけ、また、医師としてふさわしい人格を養成する。

臨床研修基本方針

1.臨床医として必要なプライマリ・ケアの基本的な診療能力(知識・技能・態度)を修得する。
2.患者さんやご家族、医療スタッフとのコミュニケーションを大切にする態度を修得する。
3.医療の専門職としての倫理と責任を自覚し、安全で良質な医療を提供できる。
4.チーム医療を理解し実践できる。
5.地域の中核病院としての役割を理解し、地域医療の現場を経験する。
6.質の高い医療を提供するよう、生涯に渡って学び続ける姿勢を養う。