便の検査の本文へジャンプ

便の検査

潜血検査

便潜血検査は、腸の中で出血した血液が便に含まれていないかを見る検査です。腸の中での出血は様々な病気で起こりますが、代表的なものでは胃・十二指腸潰瘍、大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎、痔、大腸がんなどです。便潜血検査が陽性となったら、X線造影検査や内視鏡検査などの精密検査を行います。

寄生虫検査

寄生虫の検査は、体内から採取された虫体を見つけるものと、便などから寄生虫の卵を見つけるものがあります。


培養検査

便には多くの腸内細菌が存在します。主に便の細菌培養では、食中毒など下痢を引き起こす原因菌の存在を確認します。病原性のある細菌には、大腸菌O157、赤痢菌、コレラ菌、サルモネラ菌など様々です。また、周囲への感染予防のため、保健所への報告等も行っているため迅速かつ適正な検査を行っています。