細胞の検査の本文へジャンプ

細胞の検査

細胞診断検査

0006.jpg
子宮体がん

子宮がん検診にみられるように、子宮頚部や体部から採った細胞を顕微鏡でがんが無いかどうか等を観察しています。子宮のほか、乳房・甲状腺・リンパ節などに直接針を刺して細胞を採取し観察することもあります。


手術中迅速細胞診断検査

手術中に腹部や胸部に溜まった体液を取り出し、その中に含まれる細胞にがん細胞が無いかどうかを観察し、報告します。この結果により、手術を変更することもある重要な検査です。