心電図検査の本文へジャンプ

心電図検査

心電図検査

写真:心電図の検査
上半身を大きく出し、ベッドに寝た状態で手足と胸部に電極を付けて検査をします。力を抜いた安静状態で記録します。

きわめて小さな心臓の電気的興奮を波形として記録します。この波形から拍動のリズムの異常(不整脈)や心臓の機能的な異常などを知ることができます。 例)心筋梗塞など

※検査時間は病気の種類・状態によって異なりますが、5分前後です。心電図検査は電流を流してはおりませんので痛みはありません。また、貴金属を身につけていても構いません。


長時間心電図検査

ホルター心電図

連続して2日間来院できる日に検査を行います。

  • 1日目:心電計の装着。注意事項や行動記録のつけ方等を説明します。
  • 2日目:1日目と同時刻に来院して頂き、心電計を外します。

ホルター心電図

携帯型の心電図記録計を装着し、24時間の心電図を連続的に記録するものです。頻繁に出現しない異常電位を自覚症状にかかわらず記録できるので、通常の心電図では見つからない不整脈などを発見できます。

※危険性はありません。普段どおりの生活をして頂きますが、入浴はできません。結果分析には2週間前後かかります。


写真:イベントホルター心電図
来院時に心電計の操作方法や、電極の装着法、注意事項を説明します。

イベントホルター心電図

携帯型の心電図記録計を1週間~2週間装着し、症状があった時に患者さん自身でボタンを押していただき、心電図を記録していきます。

※危険性はありません。普段どおりの生活をして頂きます。入浴の際は心電計を取り外してください


運転負荷心電図検査

写真:マスター2段階法
心電図を記録した後、2段の階段を規定回数上り下りしていただき、直後に再び心電図を記録します。

マスター2段階法

階段の上り下りの様な運動の前後に心電図を記録し、その変化によって心臓の疾患などがわかります。 例)狭心症など

※電流を流しておりませんので、痛みは有りません。検査時間は15~20分です。


写真:トレッドミル運動負荷心電図検査

電極を体に装着し、椅子に座った状態で血圧とともに心電図を記録します。
ベルトの上に立ち、運動を開始するとベルトが次第に速くなり、傾斜がきつくなっていきます。
運動後ベルトから降り、椅子に腰掛け、再度心電図を記録します。

トレッドミル運動負荷心電図検査

ベルトの上を歩いて、運動した時の心電図を記録します。潜在的な心臓の病気の診断や治療効果判定、リハビリテーションの評価のための検査です。

※検査時間はだいたい30~40分です。運動中に胸痛や動悸などがあった場合には早めに担当医にお伝えください