主な治療法のご案内の本文へジャンプ

主な治療法のご案内

食道がん

 

geka1.jpg

 

手術療法・化学療法(抗癌剤)・放射線治療を、各患者さんの病状やお体の状態に合わせて組み合わせて治療していきます。多くの手術は胸とお腹を開ける大きな手術となる事が多いのですが、当科では豊富な診療経験を生かして、熟練した医師を中心としたチームで患者さんの治療とケアにあたっています。

 

 

 

 

 

胃がん

 

geka2.jpg

 

胃癌治療ガイドラインに則って治療を進めています。その進行度やできた場所によっては、可能な限り胃を温存する(胃を残す)手術を心がけています。がんの進行度によっては、腹腔鏡手術も積極的に行っています。切除不能例や再発例に対しては、積極的に化学療法を行っています。切除可能な「進行胃がん」の患者さんに対して、手術後に抗がん剤S-1(S-1療法)、あるいはS-1とドセタキセルの併用(DS療法)による術後補助化学療法を行うことが、再発の可能性を下げることを目的に推奨されております。各種化学療法による副作用に対しては、必要に応じて他の科の医師との連携を取りながら、可能な限り有効な治療が続けられるようにサポートしています。

 

 

胃粘膜下腫瘍

 

geka3.jpg

 

1.胃粘膜下腫瘍とは

胃の粘膜層よりも深い胃壁内(粘膜下層、筋層、漿膜下層など)に発生した病変を指します。病変は良悪性、いずれの場合もあります。

2.種類

胃粘膜下腫瘍にはGIST(gastrointestinal stromal tumor)、リンパ腫、平滑筋細胞由来の腫瘍、神経系腫瘍、脂肪細胞由来の腫瘍、血管内皮細胞由来の腫瘍、基底細胞由来のカルチノイドなどに加え、迷入膵、顆粒細胞腫などがあります。うち、GISTの一部、悪性リンパ腫、脂肪肉腫、血管肉腫、カルチノイドの一部では転移をきたすこともあり、悪性度の高いものもあります。

 

 

3.診断

胃X線や内視鏡検査でなされます。病変の表面に潰瘍などを形成して病変が露出している場合には、病変の一部を採取して(生検)で病理組織診断が可能ですが、病変が正常粘膜に覆われている場合が多いために胃がんのように容易に診断することが困難です。そこで、超音波内視鏡を使って生検を行うこともあります。

4.治療

一般に、大きさが2cm以下の場合には年1回程度の内視鏡検査、超音波内視鏡検査などで定期的な観察を行い、2~5cmの腫瘍には腹腔鏡下に局所切除を行い、診断治療を行うことが推奨されています。さらに、大きさが5cm以上の腫瘍では悪性腫瘍である可能性が多いために手術を行うことが原則です。小さい腫瘍でも経過観察中に大きさや形態に変化が認められた場合には手術の適応となります。手術は、腹腔鏡・内視鏡合同胃局所切除術(LECS)を行っています。

 

大腸がん

 

geka4.jpg

大腸癌治療ガイドラインに則って治療を進めています。根治度を損ねない範囲で機能の温存に努めています。大腸がんのなかでも直腸がんでは、これまで多くの患者さんが人工肛門にせざるを得ませんでしたが、当科では病状やお体の状態によっては、肛門付近の直腸がんでも肛門を残して、永久人工肛門を回避する手術を行っています。大腸がんの進行度によっては、腹腔鏡手術も積極的に行い、数多くの経験から良好な成績を得ています。肝臓に転移を認めるような場合でも、その個数や場所によっては積極的に同時に切除を行うことで、患者さんの負担を最小限に食い止めることようにしています。化学療法はガイドラインによって確立した奏効率の高い治療を行っております。

 

 

 

肝臓がん

 

geka5.jpg

1.肝臓がんには大きく分けて、原発性肝がんと転移性肝がんがあります。原発性肝がんは肝細胞がんと胆管細胞がんの2種類に分けられます。転移性肝がんは、他の臓器に原発の腫瘍があって、その腫瘍から肝臓に転移してできた腫瘍のことをいいます。

 

2. 肝臓の手術

肝臓の手術は、腫瘍の状態と肝予備能の2つの要因で術式を決定しています。肝がんの患者さんはもともと慢性肝炎や肝硬変を背景にもたれている方が多く、また、抗がん剤などを使用し、肝機能が低下していることもあります。治療方針の決定には肝予備能(肝臓の機能がどの程度保たれているか)を十分に考慮する必要があります。当院では2003年より肝アシアロシンチグラフィとCTを重ね合わせ、術前診断に臨床応用し、安全な肝切除術を行っております。腹腔鏡手術も積極的に行っております。

 

胆道がん

 

geka6.jpg

胆道とは:胆道とは,肝臓から分泌された胆汁の通り道で,肝外胆管,胆嚢,十二指腸乳頭部のことです.胆管(肝外胆管)は肝臓から十二指腸まで胆汁が通る管のことです.胆管の長さは約10~15cmで太さは0.5~1cmです.胆嚢は,胆汁を一時的に貯めて濃縮する袋状の臓器で,西洋梨状の形をしています.大きさは長さ7~10cm,幅3~10cm位です.食事をすると胆嚢は収縮して貯めていた胆汁を胆管から十二指腸に出し,消化吸収の助けをします。

 

 

 

 

 

geka7.jpg

 

1. 胆管がんの手術

がんのできる場所によって術式は変わります。

肝右葉切除+肝外胆管切除、膵頭十二指腸切除術など

2. 胆のうがんの手術: 肝床切除+肝外胆管切除など(胆管を切除しない場合もあります)

 

 

 

胆道結石、胆嚢ポリープ

  1. 胆嚢結石の手術

基本的に腹腔鏡下に胆嚢摘出を行っています。腹腔鏡手術は体に4か所の小さな傷(5~12mm)をあけて、その傷から細いカメラや鉗子などを挿入して胆嚢を摘出する方法です。一般的に開腹移行率は約4.5%とされていますが、急性胆のう炎などで緊急手術を行う場合は、開腹移行率は約7.7%と高くなっています。

  1. 胆嚢ポリープの手術

胆嚢ポリープとは胆嚢内にできたポリープを指します。その多くはコレステロールポリープといって、コレステロールが析出して盛り上がっていく良性のポリープです。ただ、ポリープの中にもごく一部に悪性のものがあり、いわゆる胆嚢癌と言われます。良性のポリープと悪性のポリープの鑑別は、腹部エコー検査やCT,MRI検査でわかることが多いのですが、一部には鑑別が難しいものもあります。特に、ポリープが大きくなってきている場合や、採血検査で腫瘍マーカーが上昇している場合は胆嚢癌を疑って手術で胆嚢を摘出することがあります。また、癌の進行具合によっては追加の手術が必要になることもあります。

 

膵臓がん 

 

geka8.jpg

1. 膵癌について

膵癌の予後は非常に悪いことが知られています。予後が悪い原因はいくつか報告されていますが、生物学的に悪性度が高いことや、症状がでにくく早期発見が難しいこと、外科的切除率が低いことなどが挙げられます。新規に膵癌と診断される患者さんのうち、約20%の患者さんが切除可能膵癌といわれる外科治療が可能な病気に当たります。

実際の診断・治療に関しては、科学的根拠に基づく膵癌診療ガイドラインに基づいて行われています。

2. 切除可能膵癌の治療

検査によって治癒切除が可能と判断された場合、膵切除を行います。TS-1/ゲムシタビンによる抗癌剤治療が適応される場合は、手術前に抗癌剤治療を行います。

膵癌に対する手術術式は、大きく分けて2通りの方法があります。

腫瘍が頭部側にある場合、術式は膵頭十二指腸切除術になり、体尾部側にある場合は膵体尾部切除術になります。腹腔鏡下膵体尾部切除術も積極的に行っています。

3. 切除可能境界(Borderline resectable)膵癌 (BR膵癌)の治療

ゲムシタビン/ナブパクリタキセルによる術前抗癌剤治療なども積極的に行っています。

 

のう胞性膵疾患 

 

geka9.jpg

膵嚢胞(すいのうほう)とは、膵臓の内部や周囲にできる様々な大きさの「袋」のことです。良性疾患である膵のう胞以外に、嚢胞性膵腫瘍というものがあります。嚢胞性膵腫瘍は膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)と粘液性嚢胞腫瘍(MCN)、漿液性嚢胞腫瘍(SCN)などに分類されています。

 

膵臓がんは非常に悪性度が高く治療成績が悪いとされており、発見時すでに進行癌ということが多い疾患です。それに比べて同じ膵臓の腫瘍といっても、IPMNでは、良性の段階から悪性の段階(通常型の膵癌)まで様々な段階があり、良性から悪性へと変化していくことが知られています。そこで、IPMNと診断されたときに、良性なのか、それとも既に悪性に変化していないかなど慎重に見極めることが重要になります。

2006年に国際膵臓学会からIPMN/MCN国際診療ガイドラインが刊行され、2012、2017年に改定されました。現在、診断や切除の適応など、ガイドラインに沿って治療が行われています。

嚢胞性膵腫瘍の中には通常型膵癌との鑑別が困難な症例もありますので、各種画像検査(CT検査、MRI検査、超音波内視鏡検査など)を行い、正確に診断することが重要です。

実際の手術に関しては、膵臓の頭部に存在する場合は、開腹による膵頭十二指腸切除が行われ、体尾部に存在する場合は、腹腔鏡下膵体尾部切除術を行っております。

 

切除の適応

1    IPMN: MD-IPMNとBD-IPMN(腫瘍の場所によって分類されます)で切除適応は違うため、それぞれについて解説されています。

1.1    MD-IPMNの切除適応:MD-PMNの悪性の頻度は平均61.6%で浸潤癌は43.1%です。浸潤癌の頻度が高いことと、切除後の5年生存率が高い(31-54%)をことから、主膵管径≧10mm、黄疸、壁在結節のある例では切除が強く勧められる。

1.2    BD-IPMNの手術適応:切除されたBD-IPMN例のなかで悪性の頻度は平均31.1%、浸潤癌は平均18.5 %です。切除の絶対的適応は細胞診のHGD陽性と壁在結節の存在で、壁在結節のサイズのカットオフ値は5mmである。まだ議論のあるところではあるが、65歳未満の若い2cmを越えるのう胞径があれば、累積悪性化リスクを考慮して、切除適応としてもいいかもしれない。