研修会などの活動報告の本文へジャンプ

研修会などの活動報告

・第166回医療センター船橋市医師会合同研修会(第25回院内研究発表会)

平成30年2月14日(水)~16日(金)の3日間、医療センターD3階講義室において、 合同研修会が開催され、第25回院内研究発表会として行われました。参加者数は3日間でのべ278人、演題は36題に上り、院内外の医師・多職種から日頃の研究発表と熱心な質疑応答が行われ、とても有意義な3日間となりました。

IMG_2806.JPG

 

・第165回医療センター船橋市医師会合同研修会

平成29年12月4日(月)19時から、医療センターD3階講義室において、第165回の合同研修会が開催されました。当院消化器内科副部長・関厚佳先生から、「慢性C型肝炎インターフェロンフリー治療後の注意点」と題し、講演が行われたあと、千葉大学大学院医学研究院消化器内科学教授加藤直也先生をお迎えして、「ウイルス性慢性肝炎・肝硬変・肝癌のマネジメント~現在の課題と今後の展望~」と題し、特別講演をいただきました。49名を超える参加者からは、熱心な質疑応答が行われました。

写真_第165回船橋市立医療センター船橋市医師会合同研修会.jpg

 

・第7回地域医療連携フォーラム

平成29年11月9日(木)19時から、船橋市保健福祉センター2階大会議室において、地域医療連携フォーラムが開催されました。当院歯科口腔外科部長・村野彰行先生から「口蓋乳頭嚢胞の一例」と題し、講演が行われたあと、千葉大学大学院医学研究院口腔科学講座教授丹沢秀樹先生から「口腔癌の診断治療法と周術期口腔機能管理の歩みと展望」と題し、特別講演をいただきました。41名を超える参加者からは、熱心な質疑応答がありました。行われました。

写真_第7回地域医療連携フォーラム.jpeg

 

・第9回船橋地域医療介護連携研究会

平成29年9月15日(金)19時から、当センターD館3階講義室において、医介連携について学ぶ研究会が開催されました。当日は、24名の参加者があり、まず谷津保健病院副院長・内科循環器科部長須藤真児先生から、「高齢者心不全を地域で診(看)る ―地域包括ケアシステムの活用ー」として講演が講演があり、続いて、当院心臓血管センター長稲垣雅行先生による「「船橋、習志野地区における心不全地域連携パス導入」に向けての提案」をテーマとした討議がありました。

 

・第164回医療センター船橋市医師会合同研修会

平成29年9月14日(木)19時から、医療センターD3階講義室において、第164回の合同研修会が開催されました。東京医科大学産科婦人科学分野主任教授西洋孝先生をお迎えして、「最近の骨盤臓器脱(POP)治療について」と題し、講演をいただきました。40名を超える参加者からは、熱心な質疑応答が行われました。

写真_第164回船橋市立医療センター船橋市医師会合同研修会.JPG 

 

・第9回全てのがん診療に携わる医師のための緩和ケア研修会

平成29年7月1日(土)、2(日)の両日、当院C館401会議室においてがん診療に携わる医療者向けの緩和ケア研修会が開催されました。研修会では知識、技術を学ぶ講義のみならず、ワークショップ、ロールプレイ、グループワ-ークとその成果発表などの課題に参加者が熱心に取り組み、とても意義のあるものとなりました。

緩和ケア研修会.jpg