安全教育業務の本文へジャンプ

安全教育業務

安全教育業務

どんなに優秀な機器でも、またそれを扱うのが人間である以上トラブルは決して無くなりません。しかしながら、起きる事態を想定しそれに備え訓練し対処することは可能です。

当科では、臨床工学技士自身の研修は勿論のこと、医師・研修医・看護職員を対象とした補助循環・人工呼吸器・輸注ポンプ・低圧持続吸引器をメインに、機器の操作方法やトラブルシミュレーション研修を年間を通じて行っております。 当然のことながら、部署によって扱う機器に違いがあります。また、他部署を含む全体的講習ですと質問がしずらいという事もありますので、当科の安全講習は基本的には部署別講習を主体に行っております。全員必修して頂く事を目標に、参加者の都合やレベルに合わせ何度でも足を運び全員が参加頂ける企画にしております。

実習生の受け入れ

船橋市立医療センターでは臨床工学技士養成校の実習生を受け入れております。
実習に関するお問い合わせは、臨床工学科まで電話にてご連絡下さい。