代謝内科についての本文へジャンプ

代謝内科について

概要

当科は、糖尿病を中心に、甲状腺疾患(バセドウ病、橋本病)・下垂体疾患(尿崩症、下垂体機能低下症など)の診療をしております。

日本糖尿病学会認定糖尿病専門医・指導医による糖尿病専門外来を毎週5日間開設するとともに、7泊8日の教育入院(クリニカル・パス使用)を予約制で実施しております。

教育入院では、医師・管理栄養士・看護師・薬剤師・臨床検査技師によるチーム医療で、患者さん個々の病状・個性に応じた指導に努めております。

糖尿病は、コントロールが不良な場合、さまざまな合併症・余病を併発するのが特徴ですが、当科では、網膜症(眼科)、心疾患(循環器内科・心臓血管外科)、脳血管障害(脳神経内科)、足の潰瘍・壊疽(整形外科・皮膚科・形成外科)、排尿障害(泌尿器科)等に関し、他科専門医とも密接に連携しながら、適切かつ専門的な診療を行っております。

なお、高血糖昏睡(糖尿病ケトアシドーシス(DKA)、高血糖高浸透圧症候群(HHS))、低血糖昏睡といった救急患者さんに対しては、救命救急センター、麻酔科・集中治療科が中心となり24時間体制で対応しています。