脳神経内科についての本文へジャンプ

脳神経内科について

概要

当科では、脳卒中、認知症、てんかん、神経難病(パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症など)等の診断治療を行っています。
脳神経内科とは脳、脊髄、神経、筋肉の病気を診る内科です。症状としてはしびれ、めまい、力の入りにくさ、意識が悪い、物忘れなど多岐にわたります。このような症状からどこに病気があるのか見極め、適切な治療を行います。

当院では新たに脳卒中センターが立ち上がり、脳神経内科も脳卒中センターの一員となります。当院の脳神経内科としては、まずは脳卒中の内科治療を中心に、その後は全般的な神経疾患を担える環境を作っていきたいと考えています。