外来部門の本文へジャンプ

外来部門

近年の医療技術の進歩で、入院で行なわれていた検査や治療が現在は外来通院で実施できるようになりなりました。

患者さんが安全に安心して検査や治療を受けていただけるよう、看護師は専門的な検査の介助や治療などの知識を深め、更に他部門と連携を取りながら看護を行っています。

外来では各診療科で看護師、クラーク、歯科衛生士が協働して患者さんの支援をしています。また「中央処置室」では、すべての外来診療科の患者さんの点滴注射処置などを行っています。注射や処置を確実に実施すること、そして患者さんの不安が少しでも軽減できることを大切にしています。

患者さんは仕事をしながら、育児や家事をこなしながら、また、ご家族の協力を得ながら通院されている方もいらっしゃいます。それぞれの患者さんの日々の生活を大切にしながら、最後まで安心して治療を受けていただくことを心掛けて看護を提供しています。また、患者さんの思いに寄り添い、不安や疑問などを看護師に話したいと思っていただける様な関わりを常に心掛けています。