A4病棟(循環器内科・心臓血管外科) 46床 の本文へジャンプ

A4病棟(循環器内科・心臓血管外科) 46床 

ベストなハートケアをめざす心疾患の病棟です。

循環器内科の患者さんが7割、心臓血管外科の患者さんが3割程で、年齢は30~90歳代と幅広い年代の患者さんが入院されています。

近年では医療技術の進歩に伴い、身体に侵襲の少ない低リスク手術が盛んに行われるようになり、高齢者の治療件数も増加しています。

突然の発症で緊急入院されることも多く、急性期治療に伴う高度な看護技術の提供に加え、患者さんやご家族の不安な気持ちに寄り添い、心のこもった看護を提供しています。

 


スタッフ集合
A4病棟のスタッフです

また、循環器疾患は生活習慣病といわれているように、生活習慣と密接な関係があります。患者さんが生涯にわたり、在宅で自己管理しながら豊かな生活を送れるように、医師、看護師、退院調整看護師、薬剤師、理学療法士、栄養士等の医療チームが連携し、患者さんとともに考え、一人一人に合わせた支援を行っています。


さらに、虚血性心疾患、心不全、手術後等の患者さんに対し、治療・予防・生活改善を目的とした専門的なリハビリテーションを、心臓リハビリ指導士と連携して行っています。


心電図モニターチェック
心電図モニターの変動はいつも確認しています。

日々進歩する医療に遅れることなく、専門職として常に向上心を持ち、共に学び成長できるように日々研鑽しています。