B5病棟(整形外科・皮膚科)41床 の本文へジャンプ

B5病棟(整形外科・皮膚科)41床 

B5病棟に入院される患者さんは、変形性関節症、脊椎疾患、外傷や転倒による大腿骨近位部骨折等の整形外科、また、重篤な皮膚疾患が主な疾患で、急性期から回復期の患者さんが中心の病棟です。 


B5.png
                                                                    B5看護師集合

 

私たちは、医師・看護師・理学療法士・作業療法士・ソーシャルワーカー等の多職種で協力して患者さんのケアにあたっています。定期的にカンファレンスを行い、患者さんの回復状況や思いを共有し、退院後の生活を見据えた支援を行っております。

看護師は、手術前後の専門的な看護援助や日常生活の援助だけでなく、患者さんの思いを尊重して支えになれるように「心に寄り添う看護」の提供を目指しています。 

私たちは、医師・看護師・理学療法士・作業療法士・ソーシャルワーカー等の多職種で協力して患者さんのケアにあたっています。定期的にカンファレンスを行い、患者さんの回復状況や思いを共有し、退院後の生活を見据えた支援を行っております。

看護師は、手術前後の専門的な看護援助や日常生活の援助だけでなく、患者さんの思いを尊重して支えになれるように「心に寄り添う看護」の提供を目指しています。


大腿骨近位部骨折の患者さんに対して地域連携パスを使い、回復期病院と連携をとりながら早期に安心して自宅に帰られるよう連携医療機関と情報を共有して医療を行っています。


看護体制はチームナーシングで、夜勤は勤務者の状況に合わせて2交代、3交代を選択できます。看護師は日常生活の援助や手術前後の援助だけでなく「患者さんの心に寄り添える看護」を目指し、患者さんと共に考え、心の支えになれるよう日々心がけて看護を行っています。