E4病棟(緩和ケア内科)20床 の本文へジャンプ

E4病棟(緩和ケア内科)20床 

E4病棟(緩和ケア内科)20床

緩和ケア病棟へ入院する方は原則として成人のがん患者さんが対象です。

癌性疼痛など症状コントロール、終末期の緩和治療目的の入院に留まらず、時にはご家族のためのレスパイト入院についても応じています。また在宅で過ごす患者さんが入院しやすいようにバックベッド機能の体制を整え、地域との医療機関との連携を重視しています。

【診療】

平成26年度の緩和ケア病棟への紹介元は、がん専門病院が多く次に一般病院、大学病院、個人医院となっています。血液疾患の癌は扱っていませんが多岐にわたって対応しています。入院実績は表1(平成26年4月~平成27年3月)をご参照ください。

診療科

新入院(人)

平均在院日数(日)

転帰(人)

死亡

退・転院

呼吸器内科

90

11.2

25

          53

外科

101

15.8

50

71

消化器内科

81

13.6

28

61

耳鼻いんこう科        16           11.5              9           10
腫瘍内科

       10

          11.3              5            6
産婦人科       20

          16.4

             13            8

脳神経外科

6

10.0

2

4

泌尿器科

8

18.4

8

8

歯科口腔科

1

18.0

0

1

緩和ケア内科         0              0              0            0

 

   計333

      平均12.6

  計140(38.0%)

計222(61.0%)

【看護】

緩和ケアの看護は、がんに伴う身体的な症状(痛み、呼吸困難、倦怠感等)や精神的症状(不安感、不眠、混乱、悩み)を患者さんやご家族と共に考え症状を和らげることを目標に介入します。がんの終末の時にも患者さんやご家族の希望に耳を傾け「少しでも安楽な状態とは」を追求し療養生活の援助をしています。
看護師は、様々な疾患に精通し看護経験、知識豊かながん看護5年以上の経験を有しています。緩和ケア認定看護師が病棟に所属しています。また、サポートチームのがん性疼痛認定看護師と精神看護リエゾン専門看護師、退院支援看護師が患者ケアやカンファレンスに参加し専門性を発揮し患者の緩和ケア介入をしています。

限られた時間をどのように過ごすか、患者さんやご家族が共に生きるための支援に積極的に介入しています。

 

 

E42019.png

 

E4集合.JPG
E4ナースセンター