ICU/CCU(集中治療室) 8床の本文へジャンプ

ICU/CCU(集中治療室) 8床

当センターのICU/CCUには年間約1000人の患者さんが入室します。千葉県東葛南部の3次救急医療圏を統括している病院であり、日々、救急患者を受け入れています。

ICUスタッフ
ICUスタッフ
患者さんのケアを行っています。

対象疾患は心筋梗塞などの心疾患・心臓血管外科疾患術後、消化器外科(食道・肝胆膵など)の周術期管理、予期せぬ心肺停止、重症呼吸不全、敗血症などで、呼吸や循環等の機械的なサポートが必要な状態や、生命の危機的状況にある患者さんです。

主治医は各担当科医師ですが、緊急時やさらに高度な集中治療が必要な場合は、麻酔科医や救急医と協力し集学的に迅速に治療が開始され、患者さんの重篤化を防いでいます。また医師、看護師、薬剤師、理学療法士、臨床工学技士など、チーム医療を重視して日々患者さんのQOLを高める努力をしています。

ICU/CCUには、重症かつ緊急性の高い状態の患者さんが多く入室され、急性・重症患者看護専門看護師も在籍しています。フィジカルアセスメント、病態と患者把握に加えて苦痛の緩和、早期離床などに向けた関わりの中で、患者・家族にとってより良い医療・看護とは何かを多職種でディスカッションを繰り返しながら考え、互いに成長し合うことを目指しています。

患者・家族の望むことは何かを一番に考え、スタッフと共に家族の気持ちに寄り添えるようにチームで協働しています。

 


転棟申し送りの一場面

看護体制は常時2:1をとっており、夜間・休日問わず患者1~2名に対し、必ず看護師1名が配置されています。また、勤務体制は2交替・3交替夜勤を個々のライフスタイルに合わせて調整し、子育てサポートにも力を入れています。