外来化学療法室の本文へジャンプ

外来化学療法室

がん化学療法は入院して治療を行うことが一般的でしたが、新規薬剤の開発や副作用の軽減などの医療の進歩によって、今では外来でも安全に治療を受けることができるようになり、仕事や家事を継続することが可能になりました。
当院においても外来で外来で抗がん剤の点滴治療を受ける患者さんの数は年々増加し、毎月約450名の方を受け入れています。

外来化学療法のスタッフ
外来化学療法室のスタッフです。

外来化学療法室には、15台のベッドと4台のリクライニングチェアを備え付けています。

患者さん毎にテレビを設置し、BGMを流して治療の時間を少しでも快適に過ごせるような工夫と、個別のスペースを確保して静かな環境で治療できるように配慮しています。
また、患者さんが安心して安全に治療が受けられるように、患者さん一人ひとりの状態を把握して、自宅での症状の変化に患者さんと家族が対応できるように医師や薬剤師、多職種との連携を図り、支援に心がけています。