スペシャリストの活動⑤の本文へジャンプ

スペシャリストの活動⑤

がん化学療法看護認定看護師、がん放射線療法看護認定看護師

がん化学療法看護認定看護師:宮本麻子

がん化学療法看護認定看護師:宮本麻子
がん化学療法看護認定看護師:宮本麻子

私は2010年にがん化学療法看護認定看護師の資格を取得し、外来化学療法室で活動しています。 がん化学療法は、心身の苦痛を伴う治療の一つです。患者やその家族は、がんと診断された時からさまざまな思いを抱いて治療に臨んでいます。そのようなつらい思いに共感し、安心して安全に治療を受けるためには、専門的知識に基づいた投与管理や症状マネジメントなどの看護が必要です。最小限の苦痛で最大限の効果を得ること、そして、その人らしく生きようとする患者の手助けになることが自分に課せられた任務の一つだと考えています。そのためには、日々の実践の積み重ねと目の前の問題に立ち向かって治療している患者からの学びが認定看護師としての成長を促してくれると思っています。

 


がん化学療法看護認定看護師:小林恭子

がん化学療法看護認定看護師:小林恭子
がん化学療法看護認定看護師:小林恭子

私は2014年にがん化学療法看護認定看護師の資格を取得し、現在は外来化学療法室で勤務しています。患者さんが安全・安楽・確実に治療が受けられるように抗がん剤の投与管理や副作用マネージメントを行っています。副作用対策としてその方に合ったケア方法を一緒に考えアドバイスできるよう努めています。最近は抗がん剤治療の場は入院から外来に移行しており、日常生活を送りながら治療を受けている方が多くなっています。患者さん・ご家族が自分らしさを大切にしながら少しでも苦痛が少なく治療を継続できるように、病気と共にどう生きていくか1人1人の声を大切にしながら個別性を活かした看護をしていきたいと思います。

またスタッフに対して曝露対策や抗がん剤の勉強会を開催し、院内の化学療法に対する知識の向上を目指し、より良いケアが提供出来るように、共に学びを深め成長していきたいです。


がん化学療法看護認定看護師:鈴木陽子

がん化学療法看護認定看護師:鈴木陽子
がん化学療法看護認定看護師:鈴木陽子

私は2015年、日本看護協会がん化学療法看護認定看護師の資格を取得し、現在A館6階病棟を中心に活動しています。A館6階病棟は肺がんや消化器がん、その他さまざまながん患者さんに対して抗がん剤治療や放射線治療などを行っている病棟です。

最近のがん治療は、免疫チェックポイント阻害薬など新しい薬剤が数多く開発され治療効果を上げています。しかし、抗がん剤治療は副作用を伴うことが少なくありません。患者さんが日常生活を送る上での心配事を一緒に考え、少しでも副作用症状の予防や緩和ができるように、病棟スタッフ全員で患者さんを支援しています。

抗がん剤治療を受ける多くの患者さんは、いろいろな思いを胸に入退院を繰り返しながら治療を受けています。退院後の不安を最小限にし、その人らしい生活ができるように患者さんやご家族と共に考え、自分の認定看護師としての成長にもつなげていきたいと思っています。

平成31年4月


がん放射線療法看護認定看護師:益満陽子

がん放射線療法看護認定看護師:益満陽子
がん放射線療法看護認定看護師:益満陽子

私は2017年にがん放射線療法看護認定看護師の資格を取得し、現在は外来の放射線治療室を中心に活動しています。近年、放射線療法は身体への負担を少なく、かつ効果的に治療を行うことが可能となりました。その一方で、治療の効果を最大限に得るためには、毎日の治療を安全に継続することが大切であり、生じてくる副作用の予防や日常生活の工夫など継続的な支援が必要です。放射線は目に見えず分かりにくい事や、「放射線」という言葉だけで不安を抱いている方も少なくありません。患者さんとご家族が安心して治療を継続できるよう、放射線療法に関する知識や技術を用いて、治療中の心身の状態や副作用の観察・評価をしながら看護ケアを行っています。また、放射線治療室のスタッフや入院病棟の看護師など、他職種他部門との連携を大切にし、治療が安全に継続できるよう支援しています。

患者さんとご家族ががんと向き合い治療をしていく中で、放射線療法を受ける期間はわずかではありますが、治療の決定時から終了後の生活も含め、安心して一日一日を過ごしていただけるよう支援していきたいと考えています。