スペシャリストの活動④の本文へジャンプ

スペシャリストの活動④

がん性疼痛看護認定看護師、緩和ケア認定看護師、乳がん看護認定看護師、

がん性疼痛看護認定看護師:杉森久美

がん性疼痛看護認定看護師:杉森久美
がん性疼痛看護認定看護師:杉森久美

緩和ケアチームの専従看護師として活動しています。活動内容の主なものとしては、チームに依頼されたがん患者さんとご家族の困りごとについて、どのような治療と看護ケアが必要なのかを他職種と共に話し合い計画・実践すること、患者さんとご家族の目標が可能な限り達成されるように支援することです。

がん患者さんの多くは痛みを抱えていますが、痛みは主観的な感覚体験であり、私たち医療者だけで疼痛治療の効果を評価することはできません。患者さん自身はどう感じているかを確認することが重要です。痛み以外の身体的苦痛症状、心のつらさも併せ持っていることが少なくないため、活動時間の許す限り患者さんにお会いし腰を落ち着けてお話を聞くようにも心がけています。状況によっては、アロマオイルを活用したり、リンパドレナージを行うこともあります。

チーム医療の力が十分に発揮されるように、依頼先の主治医と病棟NS、リハビリ、栄養科など他部門とも密にコミュニケーションをとるよう活動しています。


緩和ケア認定看護師:清野幸子

清野幸子
緩和ケア認定看護師:清野幸子
2000年に緩和ケア認定看護師(旧名称:ホスピスケア認定看護師)として、日本看護協会より認定を受けました。 緩和ケアは、病気の治療ができなくなってから始めるものではありません。 診断された時から、身体や心などの様々なつらさを和らげるために始まります。 私たちは、患者さんやご家族のQOLの向上を念頭に、皆様の苦痛を少しでも緩和できるように関わらせていただきたいと思っています。 出会った時間の中で、「この病院を選んでよかった」と思っていただけるように、頑張っていきたいと思います。 その人らしさを大切に、よりそうことを大事にしています。

乳がん看護認定看護師:笹原奈津美

乳がん看護認定看護師:笹原奈津美
乳がん看護認定看護師:笹原奈津美

私は、2014年に乳がん看護認定看護師の資格を取得しました。

乳がん看護認定看護師の役割は、診断後の心理的サポート、治療選択のサポート、さまざまな治療に伴う看護、ボディイメージの変容への看護、リンパ浮腫の予防など患者・家族への実践のほかに、看護スタッフの指導あるいは相談に応じること、さらには他職種との連携によるチーム医療の推進などがあります。

乳がんという診断を受けた患者さんやそのご家族の気持ちの整理をお手伝いし、納得して治療方法の選択ができ、それを継続できるようサポートするのが私の役割だと考えています。患者さんに寄りに添った心と体の看護を行うため、根拠ある実践を心がけています。十分にアセスメントし、なぜ問題が生じているのか考えること、自分自身のケアの意図を十分に意識化して行うことを、ケアの成果を吟味することをしながら実践を積み重ねていきたいと思います。また治療・ケアに携わる多職種と連携し、効果的な支援できるよう取り組んでいます。


乳がん看護認定看護師:水内里美

乳がん看護認定看護師:水内里美
乳がん看護認定看護師:水内里美

私は2017年に乳がん看護認定看護師の資格を取得しました。現在日本人女性の11人に1人が乳がんに罹患するといわれ、乳がん患者さんは増加しています。乳がん高初年齢の4060歳代の患者さんは、家庭や職場においても社会的役割が大きく、乳がんの治療がそのライフスタイルに大きく影響を及ぼします。また、2030歳代の若年で乳がんが発症する方は、結婚や出産・育児への不安が大きい中で、治療方法の選択を行うこと、治療によるボディーイメージの変化、セクシャリティへの影響を受け止めることが必要とされます。さらに、乳がんは他のがんに比べて治療期間が長く、診断から10年と長期に渡って経過を見ていくため、再発や転移の不安が続くことも特徴的です。このように様々な問題を抱えて過ごされる乳がん患者さんの支えになりたい思いで、この資格を取得しました。

女性が活き活きと人生を過ごす中で罹患する乳がんは、その方の人生に大きく影響します。私はその人がその人らしく生きることができることを一番大切にし、手術の術式や治療方法を患者さんと共に考え、意思決定できるよう支援していきたいと考えています。