外来部門の本文へジャンプ

外来部門

外来では各診療科で看護師、クラーク、看護補助者が協働して患者さんの支援をしています。「中央処置室」では、すべての外来患者さんの点滴注射処置などを行っています。注射や処置を安全かつ確実に実施すること、そして患者さんの不安が少しでも軽減できることを大切にしています。

外来部門では診療科の診察室と中央処置室の他に「内視鏡室」「外来カテーテル検査室」「外来化学療法室」「放射線治療室」も担当しています。治療部門では患者さんが安全に安心して検査や治療を受けて頂けるよう、専門的な検査や治療介助の知識を深めています。専門・認定看護師も活躍し、多職種がチームとなって看護を行っています。治療部門ごとに情報を掲載していますのでご覧ください。