内視鏡室の本文へジャンプ

内視鏡室

 

内視鏡.jpg

    

内視鏡室では、上部内視鏡検査、下部内視鏡検査をはじめ、気管支鏡検査、内視鏡を使用しての胆嚢・膵臓造影検査や治療など、内視鏡の進歩に伴い多岐にわたる検査・治療を積極的に行っています。

具体的な検査・治療としては、

  • 胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの消化管出血に対する内視鏡的止血術などの治療
  • 早期胃がんに対する内視鏡を用いた粘膜下層剥離術(ESD)
  • 大腸ポリープや早期大腸がんに対する内視鏡治療(ポリペクトミー、EMR、ESD)
  • 食道・胃静脈瘤に対する、静脈瘤結紮術(EVL)や硬化療法(EIS)、バルーン閉塞下逆行性経静脈的塞栓術(B-RTO)などの治療
  • 胆管胆石や閉塞性黄疸に対する内視鏡的十二指腸乳頭切開術(EPT)、内視鏡的ドレナージ・ステント留置などの治療を専門の領域としています。

私たち看護師は、患者さんの不安をできるだけ少なく、安全で安心できる看護を心がけています。

また消化器内視鏡技師の資格を取得するなど、常に新しい専門的知識と技術を習得し、救命救急センターの看護師と情報を共有しながら、24時間体制で内視鏡検査・治療が行えるようにしています。