耳鼻いんこう科についての本文へジャンプ

耳鼻いんこう科について

概要

耳鼻いんこう科はみみ・はな・のど・とうけいぶ(頭頸部)など、多岐にわたる器官が含まれています。炎症(中耳炎、副鼻腔炎、扁桃炎など)、腫瘍(喉頭癌、上顎癌、甲状腺癌など)の疾患のほか、呼吸(鼻閉、睡眠時呼吸障害など)、食生活(嚥下、嗅覚)、コミュニケーション(聴覚、音声、言語)など日常生活に欠かせない領域や、アレルギー性鼻炎やめまいのように快適な生活を送る上で問題になる領域を対象としています。

スタッフ

小林皇一(部長) 日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門医
厚生労働省補聴器適合判定医
医学博士
大熊雄介
日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門医
医学博士
宮田卓  

 

 

診療案内

特色

病診連携に力を入れています

船橋市およびその周辺地域は耳鼻いんこう科の診療所が比較的充実している地域です。逆に入院や手術のできる耳鼻いんこう科のある病院は限られています。当医療センターでは周辺の耳鼻いんこう科医院の先生の協力の下、病診(病院と診療所)の連携を密にすることにより入院治療や手術、特別な検査は当院でおこない、通院での治療はかかりつけの診療所で行っていただいています。また、入院期間も可能な限り短期間とし、毎日の処置のためだけに入院するのではなく、必要な場合はかかりつけの診療所に通院してもらうようにしています。そうすることにより患者さんの負担を軽減させ、また限られた病床数でより多くの入院が必要な患者さんに対応できるようにしています。

より専門性の高い病院にも紹介します

頭頸部の悪性腫瘍などはスタッフの人数などの影響で当院で充分な治療が行えない場合があります。必要に応じて診断の後に専門の病院に紹介しています。また、眩暈や耳鳴に関してもなかなか治癒しない場合があります。患者さんの希望や必要に応じ専門に検査、治療や研究をしている病院にも紹介します。お気軽にご相談ください。

インフォームドコンセントを大切にしています

当医療センターへは詳しい検査や入院、手術などが必要となり受診される患者さんが多く来院されます。画像や図を用いたりして、より詳しく判りやすい説明をするように心がけています。分かりにくい点がありましたらお気軽にご質問下さい。また、そのために患者さん一人に対する診療時間は診療所より長くかかります。そのため診療待ち時間が長くかかることがあります。