がんの痛みの治療の本文へジャンプ

がんの痛みの治療

がんによる苦痛は様々ですがここではその代表で2緩和ケア.pngある
痛み(がん疼痛)の治療について述べます。がん疼痛の治療は階段方式で行います。つまり、最初は比較的効果の弱い薬剤から始めてその後は症状に合わせて階段を上がるように効果の強い薬剤へとステップアップして行きます。がん疼痛は最初は非オピオイドから始め徐々に軽度から中等度の痛みに用いるオピオイド、中等度から強度の痛みに用いるオピオイドへと上げて行きます。非オピオイドにはアセトアミノフェンとNSAIDs(ステロイドではない抗炎症薬)があります。オピオイドとはモルヒネと似た効果を発揮する薬物でがん疼痛治療には不可欠です。コデイン、トラマドール、モルヒネ、オキシコドン、フェンタニルなどがあります。オピオイドは種類も豊富で経口(速放性・徐放性)、静注、皮下注、座薬、口腔粘膜吸収剤、舌下錠など状況に合わせて選択します。ここで注意することはオピオイドの副作用ですが、吐き気・嘔吐や便秘、眠気などが出易いため治療開始時からそれを予防しながら治療を続けることが大切です。

緩和ケア3.png

また、非薬物治療としては放射線治療や神経ブロックがありますが、他にマッサージや温罨法・冷罨法、軽い運動を取り入れる、環境の調整、装具や補助具の利用(コルセット、頸椎カラー、歩行器の使用など)を工夫することで痛みの程度を緩和することもできます。また、ひとりで抱え込まないようにするためには専門家に相談し十分な気持ちのケアを受けることが大切です。

ここではがん疼痛の治療を説明しましたが、他にも息切れ、食欲不振、悪心・嘔吐、便秘、全身倦怠感、不安、うつなどがんの色々な症状に対応したケアを行います。