小児科についての本文へジャンプ

小児科について

小児科医の果たすべき3本の柱

  1. 子どもたちの発育、発達への支援
  2. 病児に質の高い最高の医療を届ける
  3. 障害をもった子どもへの支援

が日本小児科学会における、子どもたちに関わる際の小児科医の目標に挙げられています。

当科にはこの目標を実践するべく日々診療を行っています。小児科専門医研修支援施設、新制度小児科専門研修プログラム基幹病院、小児循環器学会専門医修練施設に認定されています。

当科では小児疾患の外来診療、入院診療を行っています。一般小児科診療に加え、小児循環器、小児アレルギー(現在、新患の受け入れを制限しております。)、小児神経、小児腎臓、夜尿症などの特殊外来を行っています。市内学校心電図検診、市内1歳半、3歳、学童の尿検査の3次検査、などにも協力させていただいています。予防接種業務は原則として行っていませんが、基礎疾患があり、他院で接種出来ない場合や合併症のある方には実施しています。外来受診時にご相談ください。(料金については 予防接種.pdf を参照ください)

 

2019年度小児科専攻医(後期研修医)の募集は終了しました。

今年度は定数3名に対し、3名採用いたしました。