薬品管理業務の本文へジャンプ

薬品管理業務

病院内で使用される薬を医薬品卸売業者から購入し、その品質や安全性を確認した後、院内各部署に供給するのが薬品管理の仕事です。

医薬品は製薬メーカーから医薬品卸業者を経由して納入されます。 製造番号、使用期限などをチェックした後、品質を保持するために個々の医薬品に適正な温度、湿度、遮光管理をしながら在庫します。 特に麻薬、毒薬、向精神薬は法律に定められた厳重な管理が行われていますし、特定生物医薬品(血液製剤)ついては製造番号等の必要な情報を定められた期間保管しています。

医薬品の購入費は多額となるため、過剰在庫とならないよう必要最小限の在庫としていますが、緊急時に必要な薬や大規模災害時に必要となる薬なども考慮しながら適正な在庫管理を行っています。

薬剤師は患者さんに使用される医薬品の安全性を確保するため、常に適正な医薬品管理を心がけています。