1.医療の質と安全の本文へジャンプ

1.医療の質と安全

事故のない安全な医療が求められています。当院では、平成14年8月1日に医療安全対策を院長に提言する部署として医療安全対策室を設置しました。平成16年7月1日には、これを医療安全管理室と名称変更し、院長直属機関として医療安全を協力に推し進めることにしました。さらに平成18年4月からは医療安全管理室を品質マネジメントシステムの管理統制本部としました。医療安全管理室は、医療の質を向上させ医療の安全を推進するために権限を持って活動する院長直属機関です。

当院の医療安全管理体制の特徴は3つあります。第1に「医療安全管理の目標を患者の安全確保におき、そのために医療の質を向上させる」第2に「個人を責めるのではなく、安全確保のためにシステム改革を迅速に実行する」、そして第3に「患者・家族参加型で目に見えるリスクマネジメントを行う」ということです。

この「医療安全管理室掲示板」は、当院における医療安全管理の発信基地になります。患者・家族の皆様にも協力していただくために、医療従事者だけでなく広くインターネット上でも公開いたします。

 

病院管理者:鈴木一郎
院長 :高原善治