手術例数の推移(切除例)の本文へジャンプ

手術例数の推移(切除例)

疾患 1994年 1995年 1996年 1997年 1998年 1999年
原発性肺がん 6 18 26 32 39 41
自然気胸 6 16 18 27 30 36
縦隔腫瘍 1 3 5 2 7 13
その他
(良性腫瘍、外傷、転移性肺腫瘍など)
3 9 6 10 10 20
合計 16 46 55 71 86 110
疾患 2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年
原発性肺がん 48 44 46 56 58 50 52     29
自然気胸 37 46 42 36 41 54 49     66
縦隔腫瘍 4 12 10 16 9 9 16     14
その他 34 21 28 22 31 28 21     22
合計 123 123 126 130 139 141 138    131
疾患 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017
2018年 合計
原発性肺がん 42 48 56 66 42 68 71    71    61    72    76 1,218
自然気胸 66 43 45 46 57 54 47    44    37    41    49 1,033
縦隔腫瘍 13 17 13 6 7 4 6    10    11    10    16 234
その他 28 24 25 36 31 29 25    24    28    31    29 575
合計 149 132 139 154 137 155 149  149   137  154  170 3,060

手術成績

術死(手術後30日以内の死亡)

⓵ 肺癌:0.33%(4/1218)

  • 術前検査では異常値の見られなかったB型肝炎およびC型肝炎の肝硬変による出血傾向が術中起こり、出血多量による死亡。
  • 閉塞性動脈硬化症を合併しており、術後腸間膜動脈血栓症を起こし、エンドトキシンショックによる死亡。
  • 術後2日目に起こした脳梗塞による死亡。
  • 気管支断端瘻から膿胸となり、開窓術を行うも初回手術から29病日に気管支肺動脈瘻による死亡。

⓶ その他の疾患:0%(0/1842)

 

在院死(手術後退院することなく術後31日以降の死亡)

⓵  肺癌:0.082%(1/1218)

  • 気管支断端瘻から膿胸となり、術後63日目に呼吸不全で死亡。

⓶  その他の疾患:0%(0/1842)

 

NCDデータベース事業への参加について

当科では、2011年1月より呼吸器外科の診療実績をNCD(一般社団法人 National Clinical Database)における外科手術治療情報データベース事業に登録しております。この事業は、日本全国の手術・治療情報を登録し、集計・分析することで医療の質の向上をめざすプロジェクトです。本事業の趣旨をご理解の上、ご協力賜りますようお願い申し上げます。