新型コロナウイルス感染症クラスター発生に伴う医療センターの対応について

令和3(2021)年1月6日

患者さんとご家族の皆様へ

病院長


新型コロナウイルス感染症クラスター発生に伴う医療センターの対応について


 1月4日に当院において新型コロナウイルス感染症のクラスターが発生し、皆様にはご心配をお掛けしております。
 当院は、令和2年3月より、1つの病棟を新型コロナウイルス感染症患者さん専用の受け入れ病棟として、他の一般病棟とは分けて入院管理を行っており、今回、クラスター発生が認定されたのは、その病棟のスタッフの感染によるものです。
 現在のところ、一般病棟や一般外来、救急外来などの診療に影響はないと考えられ、通常通り診療を行っております。
 対応する医療従事者は感染防護対策(サージカルマスク、袖付きガウン、フェイスガード、手袋)をしておりますが、このクラスターを機に更に徹底することにより、1日も早くスタッフ感染の収束を図ってまいります。
 なお、患者さんには付き添いの方を含め、マスクを着用していただき、院内に入る際に検温を実施しております。また、面会を原則禁止しておりますので引き続きご協力お願いいたします。