第51回船橋市立医療センター公開医療講座をきららホールで開催します

 令和6年3月3日(日)に船橋市民文化創造館(きららホール)にて、第51回船橋市立医療センター公開医療講座「がんゲノム医療ってなんだろう?」を開催します。(ポスターはPDFファイルこちら

 当院では昨年秋よりがんゲノム医療として、がん遺伝子パネル検査を導入し、現在までに何人もの方に検査を行い、治療方針に役立てています。この新しいがん遺伝子パネル検査の適応、利点、限界などをわかりやすく説明し、講演を通してがんゲノム医療の理解に役立てていただこうと考えています。

 なお、感染症の拡大状況によっては予定が変更となる可能性がありますので、最新の情報は当院ホームページ(https://www.mmc.funabashi.chiba.jp/information/)をご確認ください。

講演名
がんゲノム医療ってなんだろう?
演者
青柳 智義(乳腺外科副部長)
開催日時
令和6年3月3日(日曜日)
13時30分~15時00分(開場予定:13時15分)
開催場所
船橋市民文化創造館 きららホール(船橋市本町1-3-1 フェイスビル6階)
JR船橋駅南口、京成船橋駅東口、東武アーバンパークライン船橋駅から徒歩2分
費用
無料
定員

200名(事前申込は不要 当日先着順)
備考
● マスク着用は個人の判断が基本となります。
● 手洗い等の基本的な感染対策にご協力をお願いいたします。
● 当日は発熱などの症状がある場合は来場をお控えください。
● 満席になった場合はご入場いただけませんので、ご了承ください。