歯科口腔外科についての本文へジャンプ

歯科口腔外科について

概要

歯科口腔外科で行う治療は、口腔外科疾患(抜歯、親知らず、虫歯による腫張や疼痛、外傷、腫瘍、粘膜疾患)、全身的な基礎疾患を有する症例などです。
特殊な場合を除いて、全身麻酔や入院は必要ありません。ほぼ全て局所麻酔で処置は完結します。当科は一般外来ではありません。なるべく紹介状持参の上、来院して下さい。