消化器内科についての本文へジャンプ

消化器内科について

概要

消化器内科では、食道・胃・腸といった消化管の病気のほか、肝臓・胆道・膵臓などの病気の診断・治療をおこなっています。吐血や下血などの救急疾患、健康診断や人間ドックで異常を指摘された場合の二次検査、かかりつけ医からの精密検査や治療の依頼、また、がんなどの悪性疾患については、消化器外科や放射線科、病理組織検査部門などと協力、カンファレンスなどで意見を交換しあいながら、広い範囲の病気に対する診療をおこなっています。

具体的な疾患としては、

  • 胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの消化管出血に対する内視鏡的止血術などの治療
  • 早期胃がんに対する内視鏡を用いた粘膜下層剥離術(ESD)
  • 大腸ポリープや早期大腸がんに対する内視鏡治療(ポリペクトミー、EMR、ESD)
  • 食道・胃静脈瘤に対する、静脈瘤結紮術(EVL)や硬化療法(EIS)、バルーン閉塞下逆行性経静脈的塞栓術(B-RTO)などの治療
  • B型肝炎やC型肝炎に対する抗ウィルス療法
  • 肝細胞がんに対するラジオ波焼灼療法(RFA)、エタノール注入療法(PEI)、肝動脈塞栓術(TACE)
  • 胆管胆石や閉塞性黄疸に対する内視鏡的十二指腸乳頭切開術(EPT)、内視鏡的ドレナージ・ステント留置などの治療
  • 膵がんや胆道系の悪性腫瘍(胆管がん、胆のうがん)に対する化学療法など

を専門の領域としています。