消化器・一般外科についての本文へジャンプ

消化器・一般外科について

日本外科学会、日本消化器外科学会、日本肝胆膵外科学会、日本内視鏡外科学会の各専門医、指導医資格を有したスタッフを中心に、一般・消化器外科で年間約700件の手術を行っており、千葉県東葛南部地域医療圏の中核病院として、がん診療、良性疾患(胆石や鼠経ヘルニアなど)の手術、救急医療を行っております。

がん診療拠点病院として、各種消化器がん(食道、胃・大腸・肝・胆道、膵)の手術に取り組んでおり、また外来化学療法(抗癌剤治療)も行っております。また、消化器内科、放射線治療医、臨床病理医などのスタッフも充実しており、定期的に行われる合同カンファレンスで徹底的な症例検討を行い、より高いレベルのがん治療を追求しています。

地域医療支援病院としてかかりつけ医と蜜に連携し、手術後の経過観察や検診を行っております。

救命救急センターと連携し、腹部の外傷や救急疾患に、年間を通じて24時間緊急手術を行える体制を構築しています。

腹腔鏡手術にも力を入れており、内視鏡外科学会技術認定を中心に、胃がん、大腸がん、肝臓がん、すい臓がん(膵疾患)、胆嚢、虫垂、鼠径・腹壁瘢痕ヘルニアなど、負担の少ない手術を心掛けています。