内視鏡部についての本文へジャンプ

内視鏡部について

概要

当センターは日本消化器内視鏡学会認定の指導施設です。病気の発見を目的とした通常の検査(いわゆる胃カメラや大腸カメラ)はもちろんのこと、消化管出血などに対する緊急内視鏡も数多く行なっています。また、以下のような疾患に対しての内視鏡治療を積極的に施行しています。

早期食道癌・胃癌

ごく早期の食道癌・胃癌であれば、内視鏡治療による完全切除が可能です。当センターでは、最新の治療である内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を数多く施行しています。

早期胃癌の写真
(写真左)約3cmの早期胃癌、(写真右)ESDにて治療しました。

食道静脈瘤

破裂の予防のためには内視鏡治療が有効と言われています。日本肝臓学会専門医により、内視鏡的硬化療法(EIS)、内視鏡的静脈瘤結紮療法(EVL)が行なわれています。

大腸ポリープ・早期大腸癌

大腸ポリープは良性であっても癌化することがあるため、内視鏡的な切除が望まれます。また、ごく早期の大腸癌は内視鏡治療による完全切除が可能です。通常は内視鏡的粘膜切除術(EMR)で治療しますが、症例によっては内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)も行なっています。


早期大腸癌の写真
(写真左)約1cmの早期大腸癌 、 (写真右)EMRにて治療しました。

胆管の結石症や腫瘍性疾患

特殊な内視鏡を使用する、内視鏡的逆行性胆道膵管造影(ERCP)という方法により診断や治療を行ないます。


検査の時間割

内視鏡部受付
内視鏡部受付

月曜日から金曜日まで検査を行なっていますが、完全予約制となっています。受診ご希望の方は、まず内科・外科の外来を受診して下さい。担当医が検査の必要性を判断し、適宜予約を行ないます。


内視鏡部からのお知らせ

内視鏡部待合室
内視鏡部待合室

当センターは、市内の医療機関と連携を図っている病院です。内視鏡検査や治療を御希望で当センターを受診する場合は、かかりつけ医やお近くの医療機関から紹介状をお持ちいただくことをお勧めします。

胃がん検診や大腸がん検診で要再検とされた方は、検診結果をお持ちになり、内科・外科の外来を直接受診して下さい。