整形外科についての本文へジャンプ

整形外科について

概要

整形外科は頭部、腹部を除いた、背骨、骨盤、手、腕、足の、骨、神経、筋肉、腱など運動にかかわる器官を扱う診療科です。交通事故、スポーツ活動などでけがをしたり、生活している中でつらくなってきた腰や関節などの痛みを治療し、元の仕事に復帰したり、趣味、旅行などを行えるように、できる限り生活の質を上げていくことを患者さんと一緒に考えます。年を重ねても誰もが楽しく生活できることを目指して治療を考えますのでぜひご相談ください。

また、当センターは東葛南部医療圏の3次救命救急を担っており、救命救急センターと密な連携をとりながら、日夜多発外傷、骨、関節感染症等の緊急の疾患に対応しています。重度の合併症があり、他院で手術できないような患者さんも、他科と連携をとってできる限り最良の治療を目指します。

 

主な診療疾患

脊椎疾患

頚椎症、頸椎椎間板ヘルニア、頸椎後縦靭帯骨化症、関節リウマチ

腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎すべり症

脊椎は頸椎から仙骨部まで、頚髄症や腰部脊柱管狭窄症といった変形疾患のほか、外傷、感染、がんの転移などあらゆる病態の治療を行っています。また、腰椎椎間板ヘルニアの治療は適応があれば、PED(経皮的内視鏡手術)にて、わずか8mmほどの皮切により数日間の入院で治療が可能です。

 

関節疾患

膝関節:変形性膝関節症、関節リウマチ、靭帯、半月板損傷

変形性関節症手術は患者さんの生活、膝の状態、年齢等を考慮し、人工関節全置換術(TKA)、単顆置換術(UKA)、脛骨高位骨切り術(HTO)を行っています。十字靭帯を残せて違和感が少なく、膝の曲がりも犠牲にならないUKAが近年増加しています。

 

股関節:変形性股関節症、関節リウマチ、関節唇損傷

人工関節手術が中心で、前方アプローチを用いた最小侵襲手術(MIS)により、筋肉のダメージがほとんどない方法で行っています。また、腰椎との関連性にも注意しながら適切な手術を行うようにしています。

 

肩関節:腱板損傷、変形性関節症

千葉大学肩関節専門医が診療、手術を行います。鏡視下腱板再建術、人工関節置換術等を行っており、症例により最新のリバース型人工関節置換術(RSA)を用います。

 

骨折一般

最新の知識を取り入れた治療法を考えます。

 

その他

良性骨軟部腫瘍、化膿性脊椎炎、化膿性関節炎、外反母趾など