緩和ケアとは何ですかの本文へジャンプ

緩和ケアとは何ですか

緩和ケア(palliative care)とは、重い病を抱える患者やその家族一人一人の身体や心などの様々な辛さを和らげ、より豊かな人生を送ることができるように支えていくケアと定義されています(日本緩和医療学会の『市民に向けた緩和ケアの説明文』)。もっと簡単に言うと病気に伴う様々な苦痛を和らげて生活の質(Quality of Life, QOL)を改善する取り組みです。
実際はがん患者さんが対象になることが多いのですが、これまではがんの治療が終了してから緩和ケアが開始されていました。しかし、最近ではがんと診断されたと同時に患者さんの苦痛を拾い出す仕組みが作られ早期から適切な緩和ケアが行われるようになっています。また、対象もがんに限らず心不全末期などの疾患にも関心が向けられるようになってきました。