泌尿器科についての本文へジャンプ

泌尿器科について

概要

東葛南部地区の基幹病院として泌尿器科疾患全般を対象に診療を行っています。中でも悪性疾患が年々増加し、入院患者数の半数以上を占めています。悪性疾患に対しては、手術、化学療法、放射線治療を基本として患者さんとのインフォームドコンセントのなかで治療法を選択し施行しています。原則として日本泌尿器科学会のガイドラインに則った治療を行っています。また尿路外傷、精巣捻転症、腎後性腎不全などの救急疾患にも対応しています。

 

腎癌・腎盂尿管癌

早期腎癌に対しては低侵襲性治療として腹腔鏡下腎摘除術を施行。進行癌では開腹腹根治手術を施行。下大静脈や心臓に進展したステージ3bcの腎癌に対しても、当院心臓血管外科、外科と協力して手術治療を行っています。さらに肺やリンパ節などに転移した腎癌に対はインターフェロンによる免疫療法、各種分子標的治療薬、免疫チェックポイント阻害薬による治療で良好な結果が得られています。腎盂尿管癌に対しては腎尿管全摘術(早期癌には腹腔鏡下手術)を施行。ステージ3以上の進行癌に対してはGCMVAC療法などの術後化学療法を原則として行っています。

 

膀胱癌

根の浅い表在性膀胱癌に対しては経尿道的手術(TUR)を施行し、再発予防に抗がん剤、BGC膀胱内注入療法を行っています。粘膜下浸潤癌に対してはガイドラインに則り再度の内視鏡手術(second TUR)をお勧めしています。筋層浸潤性膀胱癌に対しては化学放射線治療、根治的膀胱摘除術(膀胱摘出後の尿路変行は回腸導管、小腸新膀胱など)を施行しています。進行癌に対しては術前術後化学療法としてMVACGC療法を施行。転移癌に対して免疫チェックポイント阻害薬による治療も行っています。

 

前立腺癌

船橋市の前立腺癌検診の基幹病院として前立腺癌の早期診断、治療に取り組んでいます。前立腺癌の腫瘍マーカーであるPSA値が4.0ng/ml以上、または直腸診で前立腺に硬結を触れる場合は前立腺生検を勧めています。前立腺生検は危険な検査ではありませんが、腰椎麻酔下で行うため23日の入院で行っています。前立腺癌と診断された場合は年齢、体力、癌の悪性度、ステージを考慮し手術治療、放射線治療(IMRT)、内分泌治療、無治療経過観察などの治療法を患者さんと相談しながら選択施行しています。20188月から限局性前立腺癌の手術治療としてロボット支援前立腺摘除術を行っており、前立腺癌根治性の向上と早期の機能(尿失禁、性機能)回復に努めています。

 

精巣腫瘍

高位精巣摘除術を施行。肺転移やリンパ節がある進行病期に対しては化学療法、リンパ節

廓清で治療しています。を第一選択として施行しています。

 

前立腺肥大症

αブロッカーなどの薬物療法で改善しない場合はHoLEP(ホルミウムレーザー前立腺核出術)を第一選択治療として行っています。

 

その他

副腎腫瘍、膀胱尿管逆流症、先天性水腎症、陰嚢水腫、成人真性包茎などの良性疾患にも対応しています。小児泌尿器科疾患(真性包茎、停留精巣など)は子供専門病院に紹介させて頂いております。

※出血が予想される手術に対しては自己血輸血を施行しています。