概要

当科は主に画像診断を担当しています。画像診断は、X線写真、CT、MRI、核医学などからなり、適切な治療選択の基となる診断において重要な役割を果たしています。各診療科医師から依頼を受け、診療放射線技師と共同して検査を施行し、読影依頼のあるものに対しては画像診断報告書を作成しています。近隣医療施設からの検査依頼にも「地域医療連携室」を通じて応じています。

医療機器

MDCT2台(320列および128列)、1.5テスラMRI2台、ガンマカメラ2台、血管造影装置3台、乳房撮影装置1台などを有しています。