病棟業務の本文へジャンプ

病棟業務

当院では薬剤師を各病棟の専属として配置して入院患者さんに薬に関する説明をしたり、患者さんからの質問や相談を受けています。

その中で「患者さんがきちんと医師の指示通りに薬を飲んでいらっしゃるか」、「副作用の症状が出ていないか」 といったことをチェックします。 また入院時に患者さんが持ち込む薬(持参薬)を調べたり、薬の飲み合わせに不都合がないかを確認します。

さらに、薬の副作用は血液検査の結果に現れることが多いので、検査結果も参照します。 必要な情報を収集したあとに、患者さんや家族の方に薬に関する説明、指導を行います。

薬剤師は医師や看護師など他のスタッフと情報を共有しながら、薬物治療が安全で適切に行われるように努めています。

薬剤師no
患者さんへクスリの指導や説明をする前に、処方歴や検査結果など必要な情報を収集している薬剤師