中毒業務

内服や注射、外用薬(点眼、貼付など)の薬は、血液や各組織を循環しながら効果を発現します。薬ごとに適切な血中濃度(血液中の薬の量)があり、低すぎると効果が期待できず、高すぎる場合には、副作用や中毒がでやすいことが知られています。
そこで、血液中の薬物の種類や濃度を分析し、薬剤師が治療のサポートをします。

通常の血液検査と異なる点は、得られたデータを薬剤師が解析・評価して、患者さんごとに適切な使用方法や拮抗薬などの処方提案を行い、その後の治療方針へつなげることです。

治療効果の判定や、副作用の早期発見のモニターも継続して行います。