臨床技術業務の本文へジャンプ

臨床技術業務

臨床技術業務 

生命維持管理装置の操作 

⓵ 人工心肺業務 

体外循環法とは 

心臓手術においては、主として2つの大きな問題があります。 1、心臓は常に動いている臓器である。 2、心臓はその中に大量の血液が循環している臓器である。

そこで考え出されたのが体外循環法です。 これは、何らかの形で心臓を迂回する血液の通り道を体の外側に作ってあげる方法で、その回路に心臓の代わりに血液を循環させる為のポンプと、その血液を肺の代わりに人工的に酸素化させる人工肺、さらに体温を調節する熱交換器を組み込んだものが「人工心肺システム」というわけです。

無題6.png

循環・代謝・呼吸・体温調節を代行するシステムだけに、その操作は非常に専門性の高い技術と知識が要求されます。これらの業務は医師と協議のもと体外循環技術認定を受けた臨床工学技士が中心となって行っております。

無題7.png

人工心肺・自家血回収装置を使用する症例は年間200例を超え、施設の性質上予定手術中に他院から緊急搬送されるケースも多いことから人工心肺装置は2台体制で、自家血回収装置は2種で対応しております。

無題8.png

他にIABP(大動脈内バルーンパンピング)装置は4台・。 PCPS・ECMO(経皮的心肺補助装置・体外式膜型人工肺)は3台体制となっております。

 

⓶ 血液浄化療法業務

当センターでは今現在外来通院透析患者様に対応する透析室や、大掛かりな透析設備を保有してはおりません。 従いまして心不全治療、心臓・血管手術等で入院され、集中治療領域における敗血症や多臓器不全治療の際の全身管理や臓器保護を目的とした持続血液ろ過透析(CRRT)を中心に対応しております。

無題9.png 

また、免疫吸着・成分吸着や血漿交換のような特殊な血液浄化療法や腹水濾過濃縮再静注法(CART療法)等にも対応可能です。

無題10.png