概要

近年、悪性腫瘍(いわゆるがん)に対する治療薬は飛躍的に進歩しており、毎年、新しい抗がん剤が次々と承認され、治療成績も改善してきています。それと同時に治療法自体が非常に複雑になってきており、1年たつと推奨される治療法が大きく変わってしまうことも珍しくありません。

現在使用できる抗がん剤の種類は非常に多く、その種類によって期待される効果が異なります。加えて同じ抗がん剤を使用した場合でもがんの細かい分類によって期待される効果が大きく違います。最近ではがん細胞の遺伝子やがん細胞で作られているたんぱく質を調べることで効果のでやすい薬剤を選択できるようになってきています。

一方、多くの抗がん剤は副作用が非常に強く、また副作用の出方も薬剤ごとに大きく異なります。そのため、副作用に適切に対応できないと、場合によっては患者さんが命を落としてしまうことすらあります。

このような理由から、抗がん剤を使用するためには悪性腫瘍と抗がん剤に対する十分な知識が必要不可欠です。そしてこの知識の違いが患者さんの治療中の体調や治療効果に大きく影響し、時には生死を分けてしまうことさえあります。

腫瘍内科は抗がん剤治療を専門に行っている診療科です。患者さんおひとりおひとりに対して最適な抗がん剤治療や放射線治療を選択し、現在の医療が発揮できる最良の治療を提供できるよう努めています。

日本におけるがんの現状

日本で平成28年に新たにがんと診断された人は995,131例(男性566,574例、女性428,499例)と推計されています。罹患数が多い部位は男性では順に胃・前立腺・大腸、女性では乳房・大腸・胃となっています。平成30年のがん死亡は373,584人(男性218,625人、女性154,959人)で、死亡数が多い部位は男性では肺52,401人、胃28,843人、大腸27,098人、女性では大腸23,560人、肺21,927人、膵(すい)臓17,452人となっています(国立がん研究センターがん情報サービス『がん登録・統計』より)。がんに対する治療は日々進歩してきていますが、発症者数も死亡者数もまだまだ多い状況が続いています。

おわりに

近年、分子標的薬や免疫チェックポイント阻害剤など、多くの抗がん剤が開発されてきています。これらを上手に使い分けていくことで、お元気でいられる時間を1日でも長くしたいと考えております。もちろん、患者さんの体力や病気に対するお考えはおひとりおひとり異なると思いますので、そのような点もふまえ、最善の治療を一緒に考えていきます。さらに、疾患によっては、さらに専門性の高い施設へのご紹介、あるいはセカンドオピニオン外来受診の案内をしております。

船橋市立医療センターでがん診療を受けて本当に良かったと思っていただけるように努力してまいります。

写真