概要

特色

 千葉県東葛南部(船橋市、浦安市、市川市、鎌ケ谷市、習志野市、八千代市)を担当する地域小児科センターの一つに指定され、特に人口64万人(令和34月現在)を有する船橋市において、船橋二和病院とともに入院の受け入れや救急搬送となった児の対応を行なっています。また、小児科専門医研修支援施設、新制度小児科専門研修プログラム基幹病院、小児循環器学会専門医修練施設として、小児科医の育成も行なっています。

診療体制

 出生時から新生児期、乳児期、幼児期、学童期(15歳以下)の内科的疾患を対象として診療を行なっています。一般小児科診療に加え、小児循環器、小児内分泌、小児アレルギー、小児神経、小児腎臓・夜尿症などの特殊外来も行なっており、各専門分野の医師の診察が可能です。
 予防接種業務は原則として行なっていませんが、基礎疾患があり他院で接種できない場合や合併症のある方には実施していますので、外来受診時にご相談ください。(料金についてはPDFファイル予防接種.pdf新規ウィンドウを参照ください)。また、船橋市内の学校心電図検診、1歳半、3歳、学童尿検査の3次検査などにも協力させていただいています。